Top > ボイストレーニング > 舞台女優を目指して発声練習を始めました

舞台女優を目指して発声練習を始めました

 

舞台女優を目指すときは、カメラの前で演技をする女優よりも大きな声を出す必要があります。
舞台によってはマイクがない場合もありますし、手の届くほどの距離に観客が座っているので、観客の声や身動きする時の音に声がかき消されてしまうことがあります。
一番後ろに座っている観客にまでセリフが届くようにするためには、声が大きいだけでなく、後ろまで声が通る発声方法を身につけなければなりません。

 ■ボイトレ教室を横浜で探しているならここ
舞台から遠くまで通る声を出すには、お腹から声を出す必要があります。
そのためには普段から腹式呼吸をしてお腹から声を出すようにしたり、ボイトレを行うことが必要です。
自分だけで練習をする方法もありますが、ボイトレを行っている講師に師事することで改善する箇所をアドバイスしてもらうことができます。

ボイストレーニング

関連エントリー
舞台女優を目指して発声練習を始めました